READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series)



オールアース時代がやってくる―快適な住まいに電磁波対策は欠かせない誰も教えてくれない「お掃除」商売の始め方・儲け方―すぐに始められるハウスクリーニング業 (誰も教えてくれない商売シリーズ)READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series)ローコスト住宅にチャレンジ!!700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記折り込みチラシで見分ける買っていい家わるい家。防犯セキュリティガイド―ビル・住まい・まちの最新事例に学ぶ (日経BPムック)住まい方の思想―私の場をいかにつくるか (中公新書 (702))ヨーロッパの家―伝統の町並み・住まいを訪ねて〈2〉フランス・スペイン夫婦の家 (講談社+α新書)住宅選びこれだけ心得帖―マンション・一戸建てを賢く取得する46の方法


READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series)
READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series)

ジャンル:
セールスランク:205537 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

住居にコンセプトは必要不可欠?

現代住宅において(住居という曖昧なビルディングタイプのようなものについて)建築家が設計する際にコンセプトとなりうるであろう117のキーワードについてそれぞれ短いエッセーが書かれているオムニバス形式の本。
コンセプトといっても、敷地などの与件や家族といった設計段階で前提となるものから、構成などの設計手法や素材など建物自体のコンセプト、過去の事例や歴史といったそれぞれのフェーズによって意味合いが違ってくる。この本ではそれらが章に分けられていて、大まかに設計の流れに沿って展開していくので割と読みやすい。関連する他のキーワードへのリンクや、参考文献も同じページに載っていて見やすい。
本文にも書いてあったが、実際に住居についてこんなに事細かに考えてるのは日本人ぐらいなのではないかと本当に思う。コンセプトに縛られて形態の自由度が限られる(予算や土地にもよるが)とかいう状況はあまり面白いものではない。
コンセプトが無いのは面白くないが、コンセプトさえ面白ければ良いものでもないらしい。海外建築家の作品の内観写真の綺麗さや不思議さも好きなものの一つだ。



INAX出版
現代住宅研究 (10+1 Series)
住宅論―12のダイアローグ (10+1series)
10+1 No.50 (50)
READINGS〈1〉建築の書物・都市の書物 (10+1 Series)
ペット・アーキテクチャー・ガイドブック (ワールド・ムック―Living spheres (327))







 福岡 塗装        
         
         
         

  プロフィール  PR:無料HP  湯沢自動車学校  グラフィックデザイン 専門学校  シャーゼン  中古ホイール 茨城  タイヤ ノア 激安  声優 専門学校  ルーフボックス 中古  天然石とパワーストーン  物流埼玉  株マイスター 口コミ  タント 中古  名簿販売